2022年5月19日 (木)

耳黒タイプのクラシックベアちゃん ②

耳黒タイプのベアちゃん🐻❤︎

つづき 

Image_20220516201301

今回は僕がお名前を付けさせて頂きまして『レナートくん』と命名しました。

大変恐れ多いので悩みましたが、、😅

「生まれ変わる」という意味からの名前です

フランス語で“生まれ変わる”の意味のレナトゥス(Renatus)、名前にすると男性だとレナート(Renato)というそうです。
女性の場合はレナータとかレナーテ。

フランス語を選んだのは特に意味はないのですが、英語のリボーン(Reborn)より響きが良いかなぁっと思いまして😊

そしたらなんと、フランスにも思い入れがあるとのことでして、今回は偶然にお誕生日に制作できたことや、このグラスアイが大人っぽく仕上がったことなど二重三重に喜んで頂けました。(元々お父さまをモデルにしての制作では無かったのです)

 

Image_20220516201302
サロペットを脱いでシャツだけだと
さらに大人っぽく見えますね(❁´◡`❁)

Image_20220516201402
シンプルにベージュのリネン地で作りました

Image_20220516201703
エアブラシで袖や襟などに
少し汚れた感じに着色しました

この角度から見るとニッコリ微笑んでますね

Image_20220516201401
正面やや上から見ると
落ち着いた表情をしています

Image_20220516201801
ゴローンとくつろいでます💛

ヌードタイプも可愛いんですよねー🐻😊

Image_20220516201802
クラシックベアを制作した時に
毎回言ってますが、緩やかなカーブをした
この腕の形がポイントでのです🍌

あと英国のアンティークベア風の場合は
足の太さですよねー
足をぼてーんと前に投げだす感じの
この可愛さ(U óꎴò)

Image_20220516201902
今回は毛が抜けた感じなどの
ダメージ加工はしていませんが
所々に汚れた感じで着色しています

耳の付け根とかおデコとか
手足やボディなどもね

Image_20220516201901
チラッ👀

 

お耳が黒いのは、煙突の煤(すす)で汚れちゃったのが由来だそうで、ちょっとおっちょこちょいなクマさんなのでした。原作の子は煤(すす)という意味のSootからSooty と呼んだそうです

 

Image_20220516201704
今回の大きさは約46cm/座って35cmでした

ニコラスちゃんの型紙から
少しボディと足を伸ばしてます。

確かニコラスちゃんは
40cm弱だったんじゃないかなぁ。
お顔の型紙はほぼ同じ大きさでした🐻

Image_20220516201701
遠目から撮っても可愛いです🐻✨📷

Image_20220516201702
撮影お疲れさま〜

コーヒーを飲みながらレナート君と
雑談していました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

42138ae2a1b34eb6a76879c45501930c
☝こちらはお客様から頂いたお写真です

早速一緒にお出かけくださいました!

レナート君も少し大きめなので
移動は少し大変でしたね😅
大きなリュックをご用意して頂きました✨🎒

C5e29b6aa7af4405824db18fe1641ba6
帰ってきて疲れちゃったのかなぁ?😊

ヤ―チャオくんと一緒におねん寝してますね
ブランケットを巻いて寝る姿が可愛いですね💖

 

久しぶりのクラシックベアのご紹介はいかがだったでしょうか?
最後までご覧いただいていつも本当にありがとうございます。

次回のブログでは、いま制作中のテディベアタイプのコーギーちゃん🐶のご紹介になります。
こちらもどうぞお楽しみに♪

Image_20220516201401

 

 

«耳黒タイプのクラシックベアちゃん

« 2022年5月

1
Image_20220501194001
2
3
4
5
6
7
Image_20220507202503
8
Image_20220508171101
9
10
Image_20220509002701
11
12
13
14
Image_20220513210901
15
Image_20220514233401
16
Image_20220515210101
17
18
19
Image_20220516201401
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
フォト
無料ブログはココログ