« 久々の木毛詰め | トップページ | ヴィンテージ小熊くん しろくま »

2018年8月20日 (月)

BING社のようなオールドベア

お客様から貴重なアンティークベアのお写真を頂きました
向かって右の子がゲブリュダー・ビング社の
当時の本物のテディベアですʕ •ᴥ•ʔ

Image

現在はもう2018年なので、おそらく
約100年も前のテディベアですよね
貴重なベアちゃんと一緒に撮ってくださって
とても嬉しく思いました

こちらの画像の子をイメージさせて頂きました

Image_2

当時にしては毛足が長めのモヘアですね
今では逆に毛足が長めのウェーブモヘアは
なかなか手に入りにくいです

今回の制作のポイントは
アンティーク加工はほどほどに
テーマは発売当時のBING社のテディベア

お客様がお持ちのアンティークベアちゃんの
子供の頃を再現した感じと言いましょうか

Image_3

Image_4

鼻の刺繍や目とマズルや毛足は
あまりボロクタにはせず
程よいアンティーク加工です

 

Image_5

足パッドは少しダメージ加工をしております

 

Image_6

約50cmのオールドベアでした(◍ ´꒳` ◍)

¥98.000(送料 税込み)

 

 

Gebr.BING 社について簡単にʕ •ᴥ•ʔ
1865年に創業したドイツの玩具メーカーです。
ウィキペディアによると、玩具の他に
電気製品や蒸気模型やエンジン模型、
鉄道模型なども製造していたそうです。

1900年代初頭、当時のテディベアといえばSteiff社
そのシュタイフと競争する形で、
ビング社もテディベアを作り始め市場に参入しました。
もともとはおもちゃメーカーだったので、
ブリキの玩具と組み合わせたテディベアなどがヒットして
ドイツでも1、2位を争うトップメーカーとなりました。

ただその後、第二次世界大戦が勃発してしまい
オーナーのビング兄弟がユダヤ人だった為、
ナチスによって会社を閉鎖されたそうです…

その後、
偶然BING社のオリジナル型紙を入手したある方が
熱い思いによって、Gebr.BINGブランドの
テディベアを復活させたそうですʕ •ᴥ•ʔ
それでも、今では数が少なくて希少価値があり
とても貴重なアンティークベアですよね

こちらもウィキ情報ですが、
現在では縮尺1/43のミニカーや
自動車などのエンジン部品メーカーにおいて
BINGの名が残っているそうです

 

« 久々の木毛詰め | トップページ | ヴィンテージ小熊くん しろくま »

テディベア (ノスタルジック)」カテゴリの記事

2020年8月

 
 
 
 
 
 
1
2
Image_20200802214501
3
4
5
Image_20200805140001
6
Image_20200806121301
7
Image_20200807224901
8
9
Image_20200809123902
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
フォト
無料ブログはココログ